タグ:タイ ( 40 ) タグの人気記事

第三部「インド亜大陸編」開始


530

インドに以前来たのは9年前。その時も旅を始めてからインドに入るのに8ヶ月かかった。そしてそれから9年経ってようやくインドは再訪を許してくれた。今回の旅も既に1年半を過ぎた。日本にいた時から多くの友人に勧められていつかやってみようと決めていたヴィパッサナー瞑想。もしやるのであればぜひインドでやりたいと考えていた。そしてタイで情報を調べていた時にちょうどいいタイミングでラダックのレーで開催されることを知り、すぐに申し込んだ。もともとダラムサラでやろうと思っていたが、レーと聞いて行かない訳にはいかなくなった。ここは今回のインドでも特に訪れたいと思っていた場所だったから。

そしてその瞑想が終わった先のことは何も決めないということにも決めた。皆既日食がヴァラナシやネパール東端で見れるが、それを見に行くか、もしかしたら何らかのPartyに絡めるかということも考えていたが、今回この流れになってからはそれは全部白紙にした。全部終わった時に考えよう。心がそちらに向いていれば行く。向いていなければ行かない。



Jet Airwaysのフライトは快適そのものだった。各席にテレビが付き、好きな音楽や映画を選べる。そして機内食は今まで食べた中で一番美味しいと言っても過言ではないくらいのクオリティだった。まさかエコノミークラスでこんなのが出てくるとは驚いた。しかもお酒もワインやビールは当然でウィスキーもカクテルもある。どう考えてもインド系の航空会社なのにこれはびっくりだった。窓の外は時折稲光が走る悪天候で少々揺れもしたが久しぶりにワインを飲んでしまった。そして二人とも「スラムドッグ・ミリオネア」を鑑賞。ちゃんとこういう作品を入れている辺りもとてもにくい。映画としてもとても面白かった。何人もの友達からこの作品は(小説でも映画でも)お勧めされていたのでこのタイミングで見ることができたのはとてもよかった。ダニー・ボイルに導かれながらインド入り、おつである。

デリーには予定通り到着。新型インフルエンザの検査があり、アンケートに記入して確認のスタンプとサインをもらう。これもご時世だ。その後の入国はスムーズ。荷物を受け取り、翌朝の便のキングフィッシャーのブースがあったので予約を確認してシャトルバスで国内線の空港に向かう。みんな向かう国際線の出口には送迎のインド人が客の名前入りのボードを掲げてひしめき合っている。そしてその建物の外には幾多の旅人達を葬ってきた恐怖のタクシー達が口を開けて待っているのだろう。

空港敷地の端を通り国内線の出発便コーナーへ。入り口には銃を持った兵隊が待ち構えていてチケットを持った人だけが中に入れるようになっている。これは非常に安心。中のベンチに陣取り、朝を待つ。コーヒーを飲んで、本を読み、交代で仮眠しながら時間が過ぎるのを待つ。非常に長い。途中で人も増えてきて窮屈になるが動きようもない。
[PR]
by djsinx | 2009-05-31 03:27 | 旅の記録

第二部「東南アジア編」終了


530

朝はもう一度カオマンガイを食べに行く。夕方フライトでそのまま空港泊して早朝のフライトでレーなので、昼まで宿でゆっくり体力を蓄える。お昼に荷物だけ置いて宿を引き払い、ぶっ掛け飯で食べ収め。ネットチェック等しているとすぐにエアポートバスの時間になる。

カオサンを横切ってバス乗り場へ。乗り込むと人はちらほらしかいない。ゆったりとエアコンの中で1時間ほど転寝しているとスワンブミ新国際空港に到着。とにかく新しくてでかい。そして成田っぽい。すぐに荷物を預けてうろうろしていたらガパオ弁当があったので思わず食べてビアチャンも飲んでしまう。

出国カウンターを抜けて進むとそこは高級ブランド街。どこも同じだが何となく非現実的な空間が相変わらず面白い。荷物チェックは出国カウンターと一緒ではなく、しかもかなり厳しい。口琴をうっかり手荷物側に入れてしまっていたところ何度も何度もバッグを調べられることになった。最終的に軽く演奏したら納得してくれた。その後ももう一度同じように入念なチェックが入る。このご時世のハブ空港はやはりいい加減には管理できないのだろう。

Jet Airwayの待合ラウンジにはインド系の顔立ちの人が当然ながらとても多い。観光客からビジネスマンまで顔ぶれは多彩だ。そこにぽつぽつと外国人が混じっている感じだ。


いよいよこれで半年ちょっとに渡った旅の第二部「東南アジア編」が終了する。インドネシアから始まり、マレーシア、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、そしてまたタイに戻り2ヶ月以上をここで過ごした。世界遺産もボロブドゥール、マラッカ、ペナン島、ルアンパバン、ホイアン、アンコール遺跡と気がついたらいろいろ巡っていた。タイ式マッサージを習得し、タイのパイではPartyをオーガナイズしたり日本の友達のPartyに参加したりもした。Junちゃんは旅の間中取材をして、俺も音楽を作っていた。その間で驚くほど数々の出会いがあり、そうした中で全てがインドへの道を指し示していた。漠然とした思いがその中で強い意志に変わり、間違いなくインドに呼ばれていることを感じた。感じたらそのまま進むしかない。今までずっとそうしてきた。これからもそうしていくだろう。流れに乗り、風を背に感じて。
[PR]
by djsinx | 2009-05-31 03:23 | 旅の記録

再びバンコクへ


529

カオサンには9時ごろ到着。プラアティットの船着場近くにバスが停まる。泊まる予定のG.Hからは遠い。残念!しょうがないから大荷物を背負って歩く。途中でカオマンガイが出ていたのですかさずそこで朝食。オレンジジュースも相変わらずどこでも売っている。なんと言うか、とにかく雰囲気がバンコクだ。G.Hにチェックインしてしばらく休む。相変わらず俺は夜行バスでは眠れないので翌日がきつい。

昼に起きて行きつけのおかまちゃんの屋台に食べに行って昼からビアチャン。その後ロンプラのインド版を購入、エアポートバスを手配、ネットカフェで翌日のフライトのレシートをプリントアウト、ヴィパッサナー瞑想の注意書きも。

その後サイアムの紀伊国屋に村上春樹の新刊がもしかしたら入荷しているかもと淡い期待を込めて行ってみる。相変わらず賑わっていたが残念ながらまだバンコクには到着していなかったようだ。読むのはしばらく先になるようだ。帰りは運河ボートでカオサン付近まで戻ってきてちょっと一服。

そしてロンプラを読んでいたところ、レーに向かうバスが6月末からしか運行していないことが判明。さらにマナリまで行くスケジュールと、マナリからジープをチャーターすることを考えるとヴィパッサナー瞑想の初日までにレーに到着するのがかなりの強行軍になることが判明。これはよろしくない。レーで高地順応するための余裕も必要だし、ヴィパッサナー瞑想の詳細情報のやり取りもまだできていない。そもそもマナリで沈没する可能性が恐ろしいほど高い。危険な賭けになることが余りにも明白だったので速攻でデリーからレー行きのフライトを探す。いくつかの格安航空券サイトを回るとどうやらデリーに到着した翌朝のフライトがある。そのまま予約してプリントアウト。危なかった。これで懸案事項だったデリー空港からデリー市内までの移動も関係なくなった。

それにしてもインドにデリートランジットでレーから入ることになるとは。Junちゃんに至っては初インドがレーからである。そんな人聞いたことがない。でもこういう導かれている時は素直に乗るのがよい。面白くなってきた。

夕方はまたランブトリの屋台でビールを飲みながらタイ屋台料理を楽しむ。飲み収め、食べ収めが近づいている。2ヵ月半丸々いてしまったタイ、食事も人もとても大好きだからなんとも寂しい。食べている途中に昨日のチェンマイのに勝るとも劣らないスコール。もう腰を据えて飲めってことだろうと解釈してビールをおかわりする。雨を見ながらのんびり飲んで喋って宿に戻ってゆるゆるとしていたら、さすがに動いて疲れたのか眠ってしまった。
[PR]
by djsinx | 2009-05-30 03:22 | 旅の記録

チェンマイを発つ


528

この日、いよいよ長かったチェンマイを離れる。インドに向けた移動の開始だ。名残惜しさはもちろんあるけれど、それ以上にまた必ずここに戻ってくるという予感がある。我々にとってこの場所は単なる旅の目的地ではない。チェンマイ式タイマッサージをやっている以上、それとは別の、ある意味ベースと言ってすらいいかもしれない街だ。まだまだ学びたいことがあるし、何よりもこの街が大好きなのだ。人も空気も食べ物も、チェンマイという街に惹かれて戻ってくる人々の気持ちが本当によく分かる。パイですら、チェンマイがあったからこそ存在し得ているのだと今は分かる。パイはチェンマイの見た夢なのだ。だからこそどんなに観光地になっても残るあの空気がある。


朝一番にインド領事館に行き、無事にビザを取得する。宿に戻り、大方の荷造りを済ませてから日本に向けて少し荷物を送る。ワット・プラシンの南の方に郵便局がある。ここは英語表記もあって職員も外国人対応に慣れているようでとてもスムーズ。帰りがけにお祭のパレードが通りがかったのでしばらく見物しているとものすごいスコールが降りだした。さすがにずぶ濡れになって帰って移動するのも大変だし洗濯物が余計に増えるのでしばらく止むのを待つ。

だがこの時期のスコールは結構しぶとく、雨は強くなる一方。三王の像のそばの店の軒先で雨宿りをしていたのだが、下水からだろうか、わらわらとゴキブリが大量に現れてくる。しかもでかいし水を恐れずに渡っては軒先に逃げ込んでくる。Junちゃんは相当辟易していたようだ。同じく雨宿りしていたアイス売りのおっちゃんが片っ端から踏んづけていたのが頼もしかった。

1時間近くしてようやく小降りになってきたので小走りに宿に戻る。どうやらスコールはこれでおしまいらしい。荷物を全部詰め終わり、約束の時間ぴったりに送迎のバンが宿の前に到着。詰め込まれて空港近くのツーリストバス乗り場に向かう。

人は結構多く、座席はほぼ満席。運良くちゃんと並んで座ることができた。いつも通り出発してしばらくすると消灯されてしまう。仕方がないのでしばらく寝る。そして11時過ぎにいつもツーリストバスの停まるレストランで休憩。夕食をちゃんと食べる時間がなかったのでここでぶっ掛け飯を食べる。

ここまではよかったのだが、再び走り出して2時ごろに何にもない場所でいきなりバスが止まり、なにやら話す声が外から聞こえてくる。気にせず寝ていたが1時間待っても全然走り出す雰囲気がないのでおかしいと思っているとどうやら車体の下で何かやっているようだった。道の脇には自動車修理工場がある。どうやらトラブルらしい。途中からエンジンも止まり、エアコンが切れて蒸し暑くなる。たまりかねて外に出ると相当大掛かりにエンジン周りをいじっている。どうしようもないからそのまま外の空気を吸って気分転換。思えばアジアのバスなんてこんなのは当たり前だった。でもずいぶん道路事情もよくなったし車も新しくなったから忘れていたが、それにしたってタイのこんなメジャー路線で起こるとはちょっと驚き。まあ、格安のバスだから文句も言えないのだが。

人が外に出だしてしばらくした頃にエンジン復活。歓声が上がってみんなそそくさと乗り込む。とりあえずエアコンが動いて蒸し暑さは解消されたので特に急ぎでもない旅人達は気にせず眠り込む。程なく出発、予定より3時間以上遅れている。だけど正直朝の6時前にカオサンに放り出されるよりはましだった。
[PR]
by djsinx | 2009-05-29 03:20 | 旅の記録

チェンマイの歯医者はすごい

チェンマイで歯医者に行ってきた。

Paiで会った日本人に「健康保険が使えて後でお金が戻ってくる」というのと、「そもそも日本に比べて値段が安い」というのと、「機器も最新で非常に腕がいい」という話を聞いていて、まずJunちゃんが行ってみることにした。そして実際とても腕が良く、すぐに治してくれるし、何よりその病院の女医さんが安部なつみそっくりで超可愛いと聞いて行かない訳にはいかなくなった。

予約をしてJunちゃんの治療の時に軽く診てもらって予約を入れる。翌々日にすぐに入れてくれた。一日目に奥歯の虫歯をお願いするとその日のうちに詰め物まで全て完了。2本治して1100B。他にも数本悪いのがあって、1日で治せるということだったのでその翌々日にもう一度行くことに。

そして驚いたことに歯医者を出た瞬間から何を食べてもいいと言われる。試しにすぐ近くのTanin Marketでガイヤーンを食べてみたが問題ない。もちろん相変わらず美味しい。後で鏡で見ても分からないほどきれいに仕上がっている。

そして翌々日、今度は最終的に4本治して2000B。1時間半かけてしっかり治してくれた。この時も終わってすぐにものを食べることができた。前歯も治したけれどよく見てもどこが詰め物か分からないほど。

3日で2回診療で6本治して3100B、しかもこのクオリティは全く驚きだった。日本ではとりあえず何度も何度も行かなきゃ行けないし、一日に治せる本数ももっと少なかった。いい歯医者を見つけるのも大変だ。健康保険が戻ってこなかったとしても十分すぎるほどリーズナブルだと言えると思う。なっち可愛かったしw
[PR]
by djsinx | 2009-05-24 14:43 | 旅の記録

タイ旅情報 チェンマイでのインドビザ取得

チェンマイのインド領事館の場所はビン川沿いから移転している。

チェンマイ駅から北に向かうThung Hotel Rdを駅から1km弱。
Chang Mai Chamber of Commerceの向かいにある。
ソンテウでターペー門付近から25B。

受付は月~金の9:00-11:30(12:00までと書いてあるが早いほうがいい)で
申請に一週間かかる。木曜日に出したら翌木曜日の9:00-11:30。
費用は日本人は2009年5月現在760B。最初に400B払い、
パスポートとレシートを返却される。一週間後にその二つを持って
訪れ、残りの360Bを支払う。
[PR]
by djsinx | 2009-05-22 11:09 | 旅情報

インド領事館へ

520

インドビザが取得に一週間かかるのでこのタイミングでチェンマイのインド領事館へ。ここは移転していて前日に散々元の場所を探し回った挙句、近くのローカル食堂のおっちゃんにバイクで連れてきてもらったのだ。インドは入る前からこういうことがある。挨拶代わりの先制パンチだが、こんなのでめげていたらインドを旅なんてできるはずもない。

品のいいインド人の領事館員が手際よく手続きを済ませてくれ、前金を払い、レシートを受け取る。受取日と時間帯を聞いてスムーズに終了。いい兆候だ。
[PR]
by djsinx | 2009-05-21 01:50 | 旅の記録

Sinchai先生の施術

519

Junちゃんの歯医者に付き合って自分の予約も入れ、その後そばのTanin marketで昼食。ここの総菜屋のガイヤーンは絶品。いつもどおり賑わっていた。

この日はITMの生徒の子や先生からも評判のよかったSinchai先生の施術の予約をしに行く。Old Cityの北門のChang Puak門から同名の北に伸びる通りを200m程の場所。建物を入ると受付の女性が案内してくれる。ちょうど生徒さんにプライベートレッスンを行っているところだった。施術を受けたいと伝えると今日の3時からなら問題ないとのことだったので、早速お願いすることに。

一度宿に戻ってシャワーを浴びてリラックスしてから再び散歩して向かう。途中スコールが来たがすぐに上がって時間通りに到着。

Sinchai先生は50歳くらいに見える盲目の先生で、英語と少しだけ日本語も喋る。ゆったりとした服が用意されていたので着替え、どこでここを知ったのかとか、マッサージは習っていたのか等軽く世間話をして施術に入る。どこか問題のある場所はあるかと聞かれたが、特に大きなトラブルはなかったので全体的にお願いする。話には聞いていたけれど背中に対する強いプレッシャーから始まり、ぐいぐいとほぐしていく。

ただのリラクゼーションとはまた一味違った施術だ。それでも全てのスピードは非常にゆったりとしており、決して急いだりはしない。一つ一つのポイントを丹念に押していく。いわゆるチェンマイ式ともまた違う。彼独自のやり方だという話がとてもよく理解できた。

2時間の施術はかなりあっという間に感じられた。パソコンを長時間やっているかい?肩がちょっと硬かったよと言われた。さすがに全てお見通しのようだった。

次はぜひここのスクールに習いに来たいと思わせる場所だった。
[PR]
by djsinx | 2009-05-20 14:13 | 旅の記録

タイ旅情報 メーサイでのビザ更新

チェンマイからメーサイへ

Arcadeバスターミナルから4時間程度。1stで212B。2ndは160B前後だが、時間割を
確認する必要がある。前日に予約しに来てもいいかもしれないが、ソンテウ代で
結局オーバーしてしまうかもしれないのであまり意味がない。日帰りを考えるなら
5時半頃にバスターミナルに到着していれば早朝発のバスに乗れる。時期やタイミングにも
寄るかもしれないが、ローカルの人々で混みあっている可能性もある。

1stのバスは快適でトイレ付き。水やお菓子のサービスまである。


メーサイ

バスターミナルからイミグレへは3km程度。ソンテウで大人一人15Bで固定。
イミグレは平日6:00-18:00、土日6:00-21:00とのこと。現地で要確認。
国境地域で紛争が起こると閉ざされる可能性もないことはないらしい。基本的に
ビザ更新の旅行者が昔から訪れている場所なので手続きはスムーズ。

ここの宿は今回見た限りではイミグレ周辺では少ない。他にどこかあるのかも
しれないが、ビザ更新のためであればわざわざ遠くに行くメリットは少ない。
250B程度の宿もいくつかあるようだったが雰囲気が暗く、いい感じはしない。
食堂もイミグレの辺りは少ない。昼間はそれでも多少あるが夜は大体閉まる。
屋台がそこそこ出ているのとコンビニがあるのでなんとかはなる。

なお、ここがタイ最北端の地であるようだ。

Top North Hotel:
華僑経営の安宿。400Bから。部屋はシンプルだが一応清潔。イミグレ前なので
朝一で更新をしたい時は便利。


メーサイからミャンマー領タチレクへ

タイ側イミグレはほぼノーチェック。ミャンマー側のイミグレで外国人は最大14日の
パーミットを取る。500B。写真入りのもので、入国目的、日数、滞在箇所などを聞かれる。
この時パスポートをイミグレに預けることになる。


タチレク

細い川を越えただけだが道路が右側通行になり、書かれている文字が変わり、
雰囲気が一変する。とは言っても基本的にのんびりした街ではある。イミグレを越えると
すぐにトゥクトゥクが一日観光のお誘いに来る。入って右側には大きな商店街が
広がっていて、時間帯によっては屋台も出て賑わいそう。タバコのカートンや
バイアグラを売ってくる物売りにちょくちょく出くわす。お坊さんもお布施をねだりに
付きまとってきたりする。食事はタイ側と違い、マサラの香りのするミャンマー料理。
物価はタイ側と余り変わらないので記念に食べるのもよい。


タチレクからメーサイへ

ミャンマー側のイミグレでパーミットを返し、パスポートを受け取る。取り違いに注意。
そのままタイ側の出入国カードに記載し、入国となる。2009年5月現在では
基本的に15日間のみの滞在許可となる。タイ出国の航空券を持っていた場合は
1ヶ月かもしれないがそこは要確認。


メーサイからチェンマイへ

早朝と午後を中心に10本近く出ている。乗り遅れによるチケットの払い戻しは
受け付けていないので事前に買う場合は十分時間に余裕を持ってバスターミナルに
戻れるようにした方がいい。2009年5月の時点では9:45発の次は14:00発に
なっていたので注意が必要。
[PR]
by djsinx | 2009-05-20 00:14 | 旅情報

ビザ・ラン@タチレク、ミャンマー

517

朝一でミャンマーに一日入国する。イミグレーションにパスポートを預け、ミャンマー領のタチレクに入る。街の感じはぱっと見ではそこまでメーサイと変わらない。静かな田舎町という感じだ。開いたばかりのローカル食堂に入ってミャンマーの料理を食べる。これはタイとは明らかに違う。脂っこくてマサラの風味が強い。美味しいけれど何かが違っている。インドの香りがどこかから仄かに漂ってくるような。

その後街を歩くとマーケットに出る。ここはかなりの賑わいだ。屋台でとうもろこしを売っていたり、タイから持ってきたばかりと思われる商品が所狭しと並んでいたりする。怪しげなにーちゃんがバイアグラあるぞ!とあちこちで声をかけてくる。いったいなんでそんな鼻息が荒いんだ?

今日中にチェンマイに戻るつもりだったので早めにタイに戻る。イミグレーションが間違えて別の日本人カップルのパスポートを渡してきて少々焦った。そこはさすがにちゃんとやってください。チェックアウトして午後3時のバスに乗る。遅い時間はバスがないので日帰りはやはり難しかったようだ。

いくつかの検問でバスは止まり、警官が乗り込んでくる。でも見ているのはほとんどローカルだ。旅人には笑顔で挨拶しておしまい。そんなこんなでようやくチェンマイに戻ってくる。レジデントの契約も切れるので宿を移らなければ。そしてインドビザとエアチケットだ。
[PR]
by djsinx | 2009-05-18 01:48 | 旅の記録