<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

冷静であること

気がついたら豚インフルエンザから豚って文字が消えましたね。
まあ人から人に感染するんだからもう「新型インフルエンザ」に違いないですが。

警戒水準が上がるに連れて世界中の人々のテンションも上がってきてるのを
なんとなく感じますね。台風の夜に興奮して眠れない子供のように。
とりあえず鳥インフルエンザ程の死亡率ではないようなので冷静に事態の
推移を見守るのがよいんでしょう。こういうテンションが高い状態では
パニックになったり目の前のセンセーショナルな情報に踊らされがちですが
場合によってはそっちの方が有害な場合もあります。

うがい手洗いと日々の健康管理はこういう事態に限らずするに越したことは
ないからした方がいいでしょうけど。

--以下引用--

Excite エキサイト : 社会ニュース

 【ジュネーブ30日共同】世界保健機関(WHO)は新型インフルエンザ感染拡大の警戒水準(フェーズ)を「4」から「5」に引き上げたが、30日にはスイスとオランダでも感染が確認され、感染確認は少なくとも13カ国に増加。世界的大流行(パンデミック)の正式認定を意味する「6」への引き上げも現実味を帯びてきた。WHOは、有効なワクチン開発に欠かせない、ウイルスの遺伝子構造の全容解明などに全力を挙げる。
[PR]
by djsinx | 2009-04-30 20:41 | News

新曲UPしました。

Thanatotherapy名義での新曲を2曲程myspaceにUPしました。

Thanatotherapy
http://www.myspace.com/thanatotherapy


1. Vertical Enhancer

いわゆる王道Ambient的な音作りの実験。あーとかうーとか声を入れて
作ってみたかったのでこんな感じです。音の展開はひたすらゆっくりと。
音を展開させる代わりに緩やかなループの中に聴く人が入り込み、
その円環の中で徐々に自己展開していくような音はあり得るだろうか?
残念ながらUP容量の関係からビットレートが160kbpsです。

2. linydots

とにかくminimalであること。そして静寂を聴くための曲。芭蕉の句にも
ありますが、日本人は音の中に静寂を聞くという感覚があります。
それを「静寂を聴く」という形に落とし込もうという実験です。
メロディが存在する件についてはノーコメントです。




よかったらご感想などよろしくです。追ってまだまだUPします。
[PR]
by djsinx | 2009-04-28 20:07 | Music

それはドラクエⅢのせいである。

もちろんいろいろ要因はあると思う。でも俺はここで声を大にして言いたい。
1988年末に発売されたファミコン版ドラクエⅢの中で船を手に入れるために
遥か東まで旅をし、カンダタ一味をやっつけてようやく手に入れた超重要アイテムの
黒胡椒。いったいどんな味がするのかと思った子供たちも多かったのでは
ないだろうか?

「おかーさん、黒胡椒食べたいー!!」

と駄々をこねたのは私だけではあるまい。そして食べればこの記事の筆者のように
普通の胡椒より鮮烈な香りや刺激に虜になったりもする。で、そういう子供達が
大きくなって自分でご飯を作り出したりスパイスを買ったりするときにどうせならと
黒胡椒を買う。幸運にも現代のこの世界では値段も普通のものに比べて
バカ高いわけではない。

そして気がつけば順調に胡椒の消費量が伸びていった…ってことじゃないでしょうか。
数々の社会現象を引き起こした累計380万本の売り上げというお化けソフトの
もう一つの社会現象と言ってもいい気がします。


--以下引用--

黒コショウはいつから“どメジャー”になったのか | Excite エキサイト

昔はコショウといえば、「白コショウ」あるいは白黒混ざった「ブレンド」が当たり前だった気がする。

その一方で、黒コショウを初めて意識したときは、その香りの良さに驚き、背伸び感も手伝って「やっぱり黒コショウが辛くて美味いよねー」などと言ったもの。
ところが、今はどこの家庭にも「黒コショウ」がフツウにあり、ラーメン屋などでも「黒コショウ」を置いている店を多く見るようになった。

いったいいつからコショウといえば「黒コショウ」が一般的になったのだろうか。エスビー食品に聞いた。
「1987年から2005年のデータの推移では、スパイス全体が倍くらいの売上となっています。なかでも、黒コショウの伸びは大きく、91年から97年では1.4倍、97年から08年ではさらに1.5倍と、順調に売り上げを伸ばしています」

一方で、白コショウはほぼ横ばいだという。
「さらに、市場でみると、最近のスパイス全体の中でブラックペッパーは25%となっているのに対し、ホワイトペッパーは2.5%ということになっているんですよ」
なんと白コショウの10倍もの売り上げで、全スパイスの4分の1を占めるのが黒コショウということだ。

なぜなのか。
「実は黒コショウのほうが白コショウより売れていること自体は、洋食文化とともに、かなり前からの傾向としてありました。香りや辛味が好まれ、外食産業で取り入れられた影響から、徐々に『家庭のもの』になっていったのだと思います」

ちなみに、白コショウも、黒コショウも、もとは同じもの。どう違うかというと、黒コショウが「まだ青いうちに収穫して乾燥させたもの」であるのに対し、白コショウは「完熟させ、果皮をとって、中の部分を乾燥させたもの」ということがある。
つまり、黒コショウは青いまま採った果皮を含むため、辛味や黒みがあるのだが、白コショウは完熟させているため、辛味がまろやかで、さらに果皮をとっているため、色も白く香りも弱いということだそうだ。
「白コショウはもともと白いお料理、たとえば、ホワイトソースやお魚料理などに適し、黒いコショウは、辛味が強いため、ステーキなどの、お肉料理の仕上げやアクセントに適しています」

本来は、料理によって使い分けていたはずのコショウ。西洋料理だけでなく、世界の様々な国の料理をいつでも食べられるようになったいま、舌が「刺激」に慣れ、常にどんな料理にも「アクセント」を求める人が増えたことで、黒コショウが大活躍し続けているのかもしれません。
(田幸和歌子)
[PR]
by djsinx | 2009-04-27 20:16 | News

もっと悪いやつは山ほどいるのにな。

逮捕された千葉市長へのコメントかと思ってしまいましたが
たかだか全裸になったくらいで「最低」はねーよ。

いくらでも鬼の形相で批判するべきやつは他にいるのになんで
こんなところで激怒してるんだ?地デジが普及しないのを彼のせいになんて
まさかしないだろうね?自分たちが無茶やってるくせによ。

--以下引用--

Excite エキサイト : 芸能ニュース


 地デジのCM、ポスターに出演し、政府関連のイベントにも参加していた同容疑者の逮捕を受け、真っ先に激怒したのが鳩山総務相。「めちゃくちゃな怒りを感じている。なんでそんな者をイメージキャラクターに選んだのか。恥ずかしいし、最低の人間だ。絶対許さない」と鬼の形相で降板を示唆した。
[PR]
by djsinx | 2009-04-24 17:39 | News

公園で全裸になると家宅捜索?

大抵こういうのってとりあえず保護されて一泊して酔いが醒めたら
お説教いただいておしまいでしょ?援助交際したわけでもないし
誰かにご自分のあれやこれやを見せ付けようとしたわけではない。

騒いでうるさかったならおまわりさん呼ばれるのはしょうがないとしても
それ以降ちょっと全てが大げさ過ぎ。何なんだよ家宅捜索って。
尿検査で白だったのに漁れば禁止薬物の一つでも出てくると思って
無理やりやった感がある。で、結局空振り。嫌な国だね、ここは。

まあこんなことでファンは減らないので安心したらいい。
むしろ俺の周りでは増えてるくらいだしw

--以下引用--

Excite エキサイト : 社会ニュース

 公園で全裸になったとして人気グループSMAPメンバーの草なぎ剛容疑者が公然わいせつの疑いで逮捕された事件で、警視庁は23日午後、同容疑で東京都港区にある草なぎ容疑者の自宅マンションを家宅捜索、押収品はなかった。同署は捜索を「背景を探るため」と説明。一緒に飲酒した知人らから事情を聴き、詳しい経緯を調べている。24日に草なぎ容疑者を送検する。所属事務所は活動を当面自粛と発表。
[PR]
by djsinx | 2009-04-23 23:40 | News

Earth Day Chang Mai

東京の代々木公園で毎年行われているEarth Day。昔からよく遊びに行っていたし
一度は友達が企画したブースでDJをしたこともあった。一昨年は自分のPartyと被り、
去年はNimbin在住だったために行くことができず、今年も東京にいない。ずいぶん
遠のいてしまい、日本の友人達がEarth Dayを楽しみにしているのを見てちょっと
羨ましかったりもした。

そんな時、ちょうどサンデーマーケットでウチワ型のフライヤーを配っている人がいて、
このチェンマイでもEarth Dayが開催されることを知った。水曜日にカドソンケウという
名前のいわゆる巨大ショッピングモールの中庭らしかった。せっかく公園も大学の
敷地もあるんだしもっと気持ちいい場所でやればいいじゃんとも思ったけれど人が
来て触れてもらってこそという側面もあるので仕方ないかとも感じた。

スクールが終わってちょうどチェンマイに滞在していた友達と現地で待ち合わせることに
なっていたので行ってみると「なんだか微妙…」ということ。とりあえず見てみようと思い、
中庭まで建物の中を歩いていくと、いつもはがらんとしている芝生にステージができていて
地元の若い子が演奏している。

c0140612_1833955.jpg


c0140612_18435988.jpg


う~ん、確かにタイポップスというかタイロックというか、ちょっと微妙。少なくともうちらが
Earth Dayと言って思い浮かべる光景とはちょっと違う。それでもタイ人は結構集まっていて
芝生に座って楽しんでいる。辺りを見回すと多くはないけれど絵や写真などの作品が
飾られていたりするし、恐らく環境問題に関するパネル展示もあった…が、全部タイ語。
まあ日本のEarth Dayも英語併記なんてほとんどないし他人のことは一切言えないんだけどね。

c0140612_1849239.jpg


食べ物やオーガニックな化粧品やら服やら雑貨やらの販売が日本だと定番だけど、
ショッピングセンターの中だからか、ナイトバザールやサンデーマーケットで
常にその手のものが大量に売られているから今更なのか、お店の出店はなかった。
あくまでコンサートという感じ。

もちろんEarth Dayはどこでも最初は意識のある有志が集まって発起して、そこから
毎年徐々に徐々にいろんな人を巻き込んで大きくしていくものだと思う。日本だって
数年前は今の14万人動員なんて考えられないほど小さかった。だからChang Maiも
今はこの感じでも何年も続けて、多くの人に知られていくと共に大きく、内容も充実して
より多くの人にメッセージを伝えられるようになるんではないだろうか。

とにかく、このChang MaiでEarth Dayが行われているということは個人的には
とても嬉しい。いつかアジアでも有数のEarth Dayが行われるようになるんじゃないかと
感じます。
[PR]
by djsinx | 2009-04-22 23:56 | 旅の記録

チェンマイへ再び

418

1ヶ月滞在したPaiを離れてチェンマイへ。今回の目的は前回ITMで習ったチェンマイ式タイマッサージの続きを習うこと。前回はレベル1と2だったので今回は3と4を受けることにした。その後時間があるので気になっていたチネイザンと、できればフットリフレクソロジーを習えたらと考えている。

今回はITMの近くのレジデントに腰を据えることにした。ソンテウ代がいらないのとフリーwifiなのでネット代がかからないのが大きい。ITM近くは学生街のため、食事も安く豊富で深夜まで開いているところが多い。コンビニも格安スーパーもそばにあり、大き目のタニンマーケットも徒歩10分と至れり尽くせりだ。

今回泊まったのは「Emporium Residents」。他にも周辺には長期滞在者用のレジデントや、タイ人向けのアパートなどが豊富にあるので様々な選択肢がある。
[PR]
by djsinx | 2009-04-19 01:09 | 旅の記録

タイ正月 ソンクラン

タイには何度か来ていたが、今回初めてソンクランを体験することになった。
ソンクランはタイ正月で、いわゆる水かけ祭として世界に知られている。
ラオスではピーマイラーオと言って同じような風習があり、どうやらミャンマーにも
あるようだ。雨季の前の一番暑いとされるこの時期に3日間とにかく水を
ぶっ掛けまくる。納涼と言うか、雨呼びの儀式と言うか、まあとにかくすごいらしい。

タイのソンクランはチェンマイが一番激しいらしく、この時期にチェンマイを
訪れた経験のある友達から「最初の半日は楽しいけどその後は疲れて
もういいやってなる」という旨の話を『何人かから』聞いていた。

なのでPCもあるし、そこまでびしょ濡れになるのはきついかなぁと思って
Paiでソンクランの期間を過ごすことに決めた。多少はおとなしくて楽しめるかなと
思ったのが大きい。

結論としてはそれが正解だったようだ。Paiのソンクランも他を知らないだけかも
しれないけれど、十分すぎるほど刺激的で面白かった。



まず、ソンクランの二日ほど前から商店街の道路わきでたらいに水をたっぷり入れて
バケツや水鉄砲で攻撃してくる子供達が出現する。とりあえずその時から
濡れてまずいものは身につけて外出できない。

そして前日はそこに大人が加わる。業務用クーラーボックスに水を満載した
ピックアップトラックが早くも獲物を探し始める。道路わきで応戦する家族と
熾烈な水掛け合戦である。


413

いよいよ当日ともなれば待ってましたとばかりにそのテンションが全てのタイ人に
飛び火する。老若男女関係なし。巨大な水鉄砲と巨大なバケツでとにかく掛ける。
基本的に祝福の水という扱いになっているからありがたいものなのだが、川の水に
色水に挙句の果てには氷水まで飛んでくる。バイクに乗っていても容赦なし。
すれ違いざまにピックアップトラックから氷塊交じりの氷水をバケツでぶっ掛けられた
時は転倒しそうになった。さすがに怖い。

しょうがないからダイビング用のマスクとシュノーケルで完全武装して一回りして
みたところ、突っ込み待ちだと思われたらしく集中砲火を食らった。水だけどw

一応病院と食堂とネットカフェだけは狙わないことになっているようなのでなんとか
食事を外で取ることはできる。もちろん多くの店は休業して水掛けにいそしんでいるが。


414

二日目になると慣れてきてご飯を食べに行く時もバケツと水鉄砲(初日に衝動買いした)を
持って行き、ご飯を待っている間に水掛け合戦に参加。一旦やり始めると面白くて
やめられない。可愛い女の子に思いっきり水をぶっ掛けてスケスケにしてもいいなんて
一年でこの時だけなんだから躊躇は損である。大損である。そしてこの日、見事に
雨雲を呼ぶのに成功して雨が降り始める。すばらしい。でも涼しくなったのにまだやる。
寒い。日が出ていないと冷える。バイクだとなおさらだ。しかもまだ氷水が飛んでくる。
いや、ほんとこれだけはきつい。


415

三日目、さすがにもういいやってなってくる。お腹いっぱい。服はもうほとんどびしょ濡れ。
しかもこの日は前日に増して雨。寒いし水掛けられるの分かっているから出不精になる。
もうなんとなく宿のバンガローで犬と遊びながらのんびり過ごす。


416

まだやってる人がいる。さすがに少ないけれどそれでもすれ違いざまとかちょこちょこいる。
こっちがソンクラン装備じゃないからとても気をつけなければ成らない。


といった具合でせいぜい2日でいいし、何より水を掛けるのは期間中だけに集中して
いただきたい。でもそれを差し引いてもとても面白い。ハイテンションなタイ人と思わず
一緒にテンションのアガってしまった旅人達と一緒に繰り広げる水掛けは一度は
体験する価値あり。でもその気でちゃんと気合入れて臨まないとやられます。
[PR]
by djsinx | 2009-04-16 01:42 | 旅の記録

Slow Chillout

404

Samurai Tribeの面々も徐々にパイを去っていった。日本に帰る人がいて、このまま旅を続ける人もいた。それが旅だ。人が集まって何かが生まれ、また次の場所に散っていく。そこでまた何かが生まれるのだろう。泊まっている宿のラウンジでけいこちゃんと、rAw君、それに宿泊客とポンさんの知り合いだけでゆっくりとChillout Partyをやる。Samskaraで静かに音を出す。rAw君のサントゥールと俺のPCだけ。みんなお酒を飲んで夕食を食べながらお喋りをしたりただ静かに聞き入ったりしている。こういう時間は何よりも好きだ。

c0140612_1365933.jpg


c0140612_1382076.jpg


c0140612_1404136.jpg


しばらくしてからDJに切り替えて食事をしながら緩く回す。宿泊客のアメリカ人のパーカッショニストが自分の太鼓を出してきてセッションを始める。外で月を見ながら踊っている人もいる。暖かくて気持ちがいい。遅くまでゆっくり楽しんで眠る。二人ももうすぐ帰国だ。
[PR]
by djsinx | 2009-04-05 01:35 | Partyの記録

Samurai Tribe in Pai

331

いよいよParty当日。エイプリルフールを明日に控え、朝まで音を出す。Paiの他の場所では午前1時で音は下げなくてはならないけれど、ここの場所であれば問題ないという。日が暮れる頃からJunちゃんが回し始め、hayato君が続く。人が集まり始め、徐々に会場は活気付いていく。

その後はSamskaraの出番。インドの音を基調としながらアンビエントの流れで音を紡ぐ。音の響きがとてもいい。サルード、バンスリー、サントゥール、様々な音が交じり合う。1時間ほどして梵やりバンドへと移行する。インド楽器だけになり、バジャンが演奏され、歌われる。

c0140612_1313651.jpg


c0140612_1315195.jpg


彼らのLiveが終わると大きな拍手が沸き起こる。Trance Partyの前半としてはあり得ないほどのクオリティのChillの時間だ。そしていよいよダンスの時間が始まる。DJ Daisuke & KengoがBack to Backでプレイする。この頃にはもう会場はお客さんでいっぱい。フロアは大混雑だ。大音量のElectroでがんがん躍らせる。久しぶりにフロアで激しく踊れる。

そして1時間弱、ふと気がつくと店の前の道路にパトカーが回転灯をつけて止まっている。あれ?と思っていると警官が入ってきて、音を止めさせ、リーダーらしき年配の警官がマイクを取って喋り始める。

「パイの規則で午前1時以降は店で音楽をかけて営業することはできない。残念だけれども今日はこれで終わりだ。Party is over.」

どうやら音が大き過ぎたようだ。普段の店のサウンドシステムではなく、より大きなのを借りてきてやったのが裏目に出たのだと思われる。話を聞くとずいぶん離れた川向こうの私の泊まっている宿までかなりの音量で鳴り響いていたらしい。

ごたごたはありながらも最終的には罰金などもなく済んだのでそれは不幸中の幸いと言えるかもしれない。それでも音の出ている時間帯は雰囲気も音楽も本当に素晴らしかった。いつかまた一緒にやりたいと思わせてくれる空気を持っていた。
[PR]
by djsinx | 2009-04-01 00:45 | Partyの記録