<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「人生は時に一杯のコーヒーの温かさ」

「人生は時に一杯のコーヒーの温かさ」

っていう言葉がなんだか好きで昔mixiでもそんな日記を書いたのを思い出した。
で、この記事が気になって読んでみたんだけど




コーヒー関係ないじゃん



身体的な暖かさと心理的な温かさの関係の一例じゃん。ホットコーヒーじゃなくても
緑茶でもビーフシチューでもホッカイロでもいいってことでしょ、この結果じゃ。
そして身体的な暖かさというけれど気温36度の炎天下みたいな「暑い」場合はまた
違うんでしょうね~、これ。

--以下引用--

ホットコーヒー、心も温める可能性=米研究 | Excite エキサイト

 [シカゴ 23日 ロイター] 米国の研究チームが23日、身体的な暖かさと心理的な温かさが密接に関係することを示す研究結果を明らかにした。1杯のホットコーヒーによって暖かな気持ちになれる可能性があるという。米エール大のジョン・バーグ教授(心理学)らが科学誌「サイエンス」で発表した。

 バーグ教授は、コロラド大ボールダー校のローレンス・ウィリアムズ氏と共同で、身体的な温度と心理的な温かさの関連を検証する実験を実施。実験は、被験者にホットコーヒーまたはアイスコーヒーをしばらくの間持ってもらった後、第3者に関する情報を与えてその人の性格特性を判断させるなどの方法で行われた。

 バーグ教授は「身体的に暖かいと、われわれは他人をより心が温かい人だと判断し、またわれわれの方も他人により寛大になったり他人を信じやすくなるなどわれわれ自身も心が温かくなる」としている。
[PR]
by djsinx | 2008-10-27 11:46 | News

それが何の罪に対しての罰であるかということ

体罰というとみんな過敏になりますが、それがどういった悪いことに対する「罰」で
あるのかを子供がしっかり理解できる形であれば必要なことだと考えます。
もちろん殴らずに済めばそれがベストですがそれは現実を見たとおり
実効性のない理想論。

ただ、それには教師が自分の感情や「教師であること」の特権として怒りをそのまま
ぶつけるのでは論外です。それは「怒って」暴力を振るっているだけで「罰」を
与えていることにはなりません。

自分が怒っているかいないかは別問題として守るべきことを守っているかいないか、
為すべきことをなしているかいないか、そういう部分(法律だったり規則だったり
規範だったり、そこら辺は明確に限定はできないでしょうけど)のぶれない基準を
教師が自らの中にしっかりと持ちそこに基づいて「叱る」ということ。
その延長線上の、ある意味最終手段として体罰はあるのだと思います。

そしてそれは教師だけでなく全ての大人が子供に対して取るべき態度でしょう。
親も親戚も地域の大人全てが。神でも裁判官でもない不完全なただの大人に
そんなことをする権利があるのかという問題ですがこれは権利じゃなくて義務です。
大体完全な人間なんていないし、いたって一人一人の子供についてもらえるわけもないし。
だからって信仰に丸投げしても信仰心なんてほっといてどうにかなるわけじゃない。
不完全な大人が不完全なりに努力して何とかやりくりするしかない。

自分の不完全さを自覚して確固たる基準を持つように勤め、そしてそれに縛られず
常に自問自答して更新し続ける。子供に対してただ怒りをぶつけるのではなく
説明し、理解させ、納得をした上で罰を与える。そこまで真剣に向き合えている大人は
どれだけいるんでしょうね。スポイルされたまま大人になる子供は本当に不幸です。
一種のネグレクトだとすら感じます。


--以下引用--

Excite エキサイト : 社会ニュース

<橋下知事>「手が出ても仕方がない」体罰容認?発言
 大阪府の橋下徹知事は26日、堺市内での府民討論会「大阪の教育を考える」で、「言っても聞かない子には手が出ても仕方がない。どこまで認めるかは地域や家庭とのコンセンサス(合意)次第だ」と述べ、学校での体罰を認めるような発言をした。

 約700人が参加し、綛山(かせやま)哲男・府教育長が教育政策案を紹介。ある府民から「学力向上に取り組むのはいいが、成果主義が過ぎると障害児の排除につながらないか」と意見があり、知事は「そんなことにはしない」と答えた。また知事は学校と地域の連携について「子どもを育てる責任は第一に家庭、第二に地域にある」とし、「子どもが走り回って授業にならないのに、注意すれば保護者が怒鳴り込み、頭を小突くと体罰だと騒ぐ。こんなことでは先生が教育をできない」と主張した。

 全国学力テストの結果開示を巡っては、知事が「先生の9割は開示に賛成だが、ふたをしてしまおうという先生もいる」と話すと、会場から「ウソをつくな!」などのヤジが飛んだ。

 終了後、知事は報道陣に「体罰という言葉にとらわれる必要はない」と語った。一方、出席した府教育委員は「手を出すことは教育者にとって敗北を意味する」と食い違いを見せた。【平川哲也】
[PR]
by djsinx | 2008-10-27 11:25 | News

先入観の怖さ

確かにボノボは群れの中では性器をまさぐりあったりセックスしたりして
個体間のストレスやフラストレーションを解消して繋がりを深め、
集団の調和を保っていると知られています。

でもまあそれは群れの中のことなんですよね。別に万事が万事
人間から見た「平和的」な存在なわけはない。彼らもそんなことは微塵も
意識なんてしてないし。

ただ、チンパンジーを食べるからって別にそれは残虐でもなんでもなくて
普通の食事なんですよね。ただこれ、記事をよく読むと5年で10回って
年に2回じゃんw人間が「今日はカニだぞ~!!ごちそうだぞ~!!」
っていういのとそんなに変わんないんじゃね?そして狩りの後に
互いに肉を分け合うこともあった」って素晴らしいシェアリング精神じゃないですかw

ボノボも記事も第一印象の先入観で見ちゃうと危ないってお話でしたww

--以下引用--

「平和的」なボノボ、サル狩りの一面も=独研究 | Excite エキサイト

 [ロンドン 13日 ロイター] 類人猿の仲間で、その性行動で知られるボノボ(ピグミーチンパンジー)が、サルを狩って食べるという一面を持つことが13日、ドイツの研究者らによって明らかになった。

 ボノボはチンパンジー、オランウータンとともに、遺伝子的に人間と最も近い動物。チンパンジーよりも平和的と考えられ、性行為があいさつや和解の手段として用いられることから、自由な恋愛をするサルともみられている。

 これまでの研究では、ボノボはリスやネズミなどの小動物しか食べないと思われてきた。しかし、独ライプチヒのマックス・プランク進化人類学研究所が、あるボノボの集団を5年にわたって観察したところ、サルを求めて狩りに出掛ける例が10回ほど認められた。

 狩りは毎回、森の中をはうように忍び寄り、サルの集団の下に回って木によじ登って急襲するという方法で、狩りが成功すると、互いに肉を分け合うこともあったという。
[PR]
by djsinX | 2008-10-24 17:48 | News

集合的意識って?

集合的意識って書いてあるけれど、これ「集合的無意識」の間違いなんじゃないのかな?
それともそういう新しい概念があるんでしょうかね。まあ、どちらにしても面白いことに
なりそうですが。

日本だと超能力やスピリチュアル関係はとかく偽科学まみれで「信仰」されたり
頭ごなしにいんちき扱いされたりと両極端な場合が多いのでこのように冷静に、
そして真の意味で科学的に検証される場が必要だと感じます。

物理的に存在するかどうかという部分の議論ももちろんあるでしょうけれど
それらによって何が表現されようとしているのか、という観点での考察も
必要になるでしょう。ユングが言及した人が生きる上で不可欠の活力となる
原型、神話素といったものと「人智を超えた」超能力やヒーリングをはじめとした
超常現象(及びそれらが存在するという主張)は無関係ではないと感じています。

ゲン担ぎやお守りのご利益みたいな小さなものも何百年、何千年の歴史を持つ
宗教も人が生きる上で形を変えながらも現代まで受け継がれています。
果たしてこれらの現象は何なのか。何を意味するのか。

どこまでこの講義は迫れるんでしょうね。多くの人々の興味の発端と
なってくれればと思います。

--以下引用--

GIGAZINE - 明治大学が超能力やヒーリング、集合的意識を特別講義に

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081024_meiji_psychic/

明治大学が「超能力」をテーマにした特別講義「超能力の世界~解明はどこまで進むか」を行うことが明らかになりました。

超能力だけでなく人々が集まって感情的に高揚することによって、さまざまな影響が発生する「集合的意識」や、手をかざすことによる「ヒーリング」の効用なども研究するとのこと。そのうち宇宙人や未来人、異世界人に関する特別講義なども開催されるのでしょうか…。

詳細は以下の通り。


超能力の世界~解明はどこまで進むか

明治大学のページによると、10月31日から超能力研究をテーマにした「超能力の世界~解明はどこまで進むか」という特別講義が全5回にわたって行われるそうです。

これは超能力に興味のある学生などを対象に、100年以上にわたって続けられている超能力現象の研究によって得られたデータをもとに、超能力研究の現状の問題点をふまえながら将来の研究の方向を展望するというもので、講師として明治大学情報コミュニケーション学部教授だけでなく、超能力の取材を長年行ってきたTBSビジョンエグデクティブ・プロデューサーの本間修二氏なども招かれるとのこと。

気になる授業の内容ですが、世界各国の主な超能力研究機関や研究者を紹介し、今後の研究の方向を展望するほか、人々が集まって感情的に高揚している場所が与える影響について「集合的意識」の観点からの研究結果の紹介、手かざしヒーリングの特性と今後の展望の解説、テレビ取材の現場を通して出会った多くの「不思議現象」などの考察が行われるとしています。なお、一般人も受講料1万2500円で参加可能。

以前筑波大学が「萌え」や「腐女子」「オタク論」「涼宮ハルヒの憂鬱」などを特別講義で取り上げたことをお伝えしましたが、どうやら面白い試みを行う大学は増えているようです。
[PR]
by djsinX | 2008-10-24 16:04 | News

子供の頃に作りましたね、これ。

確か子供の頃に定期購読していた「たくさんのふしぎ」という子供向け(と言いつつ
大人も楽しめるかなりクオリティの高いものでした)のある号で取り上げられていた
ピンホールカメラをバルサ材を使って、110フィルム使用でがんばって作ったことが
ありました。ピンホールを上手に空けるのが本当に大変だったのを覚えています。

実家のどこかに眠っていると思いますが、なんだか不思議と味のある写真に
なりました。もちろんピンボケでしたが感動でしたね~。これをやっている時に
自分がいかにぶきっちょかを思い知ることになった苦い思い出でもあります。

--以下引用--

針穴から撮るレトロ写真がブームの兆し? | Excite エキサイト

針穴写真って知ってます? この高感度デジカメ全盛の時代に、レンズもなく手で開けた針穴から写真を写す写真が静かなブームなのです。

針穴写真とはピンホール写真ともいわれ、レンズもいらず、ピント合わせがないという原始的な技法で撮られる写真。針穴の原理は、すでに江戸時代には知られており、雨戸の節穴から差し込む光によって、葛飾北斎が障子に「逆さ富士山」を写し出している様子が描かれているほど。
カメラにする箱に、針穴くらい0.2~0.3ミリの小さな穴を開け、そこから被写体に向けて箱を置き、シャッター代わりの扉を開ける。もちろん、原始的なカメラなのでフラッシュはない。光のあるところでないと写真は撮れないが、夜間でも電灯などの光があれば撮影は可能。海辺などの眩しいくらい明るいところでは約1秒、晴れの日に普通の外で取るときは3秒、ライトしかない室内では10分と、撮影時間は変わってくる。
採り込む光の量が少なく、普通のカメラに比べたらものすごく時間がかかるため、スピードの速いものは写真に写りこまない。つまり今見ている風景が、そのまま写ることがないということ。そして、明るいところで速く動いているものは写らず、ゆっくり動くものは撮影時間によっては写り込む。

また針穴写真は、デジカメのように、焦点が一点に当たらないため、撮っている全景にピントが合うのが特徴。針穴写真は近いところも遠いところも自然と同一のピントで撮影できるのだ。
でも、長く撮影時間がかかるため、被写体がゆっくり動くと、動きのままにふんわりとした影ができ、幻想的に写ることも。
針穴写真をやっている写真家さんは針穴カメラを自作することも多いそう。カメラは穴を開けられ、フイルムを入れられれば何の入れものでもいいので、お菓子や紅茶の空き缶や段ボール箱でも作ることも可能(う~ん、エコ?)。

8年前に針穴写真に出会い、個展を開くほどにすっかりはまった針穴写真作家の大木靖子さんは、「目で見ているものと違う出来が面白い。出来あがりが現像してみるまでわからないところが魅力」と語ってくれた。
大木さんいわく、「時間もいっしょに写す」感覚だそう。時間をかけて、時間とともに映像を作り出す、まるでスローライフをそのもののような針穴写真。今まで気に留めていなかった風景も針穴を通すとまるで新しい風景に見えてきますね。
[PR]
by djsinx | 2008-10-21 13:49 | News

軍の存在感が増していますね。

カンボジアとの紛争も軍の高官の協議で交戦停止となりましたし、
ソムチャイ政権が窮地に陥る一方で前回のタクシン政権の時と同様に
軍の存在感がいや増してきました。

一概にそれを悪いとは言えませんがクーデター頻発というのは
穏やかではないですね。溜まった膿を出し切るためのやむない措置と
割り切るべきなんでしょうか。マレーシアとの国境付近での
イスラム系の過激派との問題もあるので早く安定してもらいたい
ものですが。

--以下引用--

Excite エキサイト : 国際ニュース

<タイ>陸軍司令官、首相に「辞任勧告」…流血事件引責で

 【バンコク藤田悟】タイのアヌポン陸軍司令官は16日、反政府団体「民主市民連合」のデモ隊と警官隊の衝突で死傷者が出た7日の流血事件について、「政府は責任を取らなければならない。私が首相なら辞めている」と発言した。ソムチャイ首相に対する事実上の辞任勧告と受けとられ、政権は軍の支持を失ったことで窮地に追い込まれた。

 アヌポン司令官は、国軍最高司令官や海・空軍司令官らとともに16日夕のテレビ番組に出演した。タイでは、最大兵力を握る陸軍司令官が軍の最高実力者とみなされている。

 8月下旬から市民連合が首相府を占拠する中、アヌポン司令官は中立を保ってきた。しかし、混乱の長期化で軍内外から「態度を明確にするよう」圧力が高まったといわれる。

 13日にはシリキット王妃が、7日の衝突で死亡した女性の葬儀に参列し、遺族に「彼女は国家と王室を擁護した」と言葉をかけた。王妃の行為は市民連合への共感を示したものと国民に受けとられ、波紋を呼んでいる。

 ソムチャイ首相は17日、流血事件の真相調査委員会が「15日以内に結果を出す」と発表したが、退陣か総選挙かの決断を迫られつつある。

 7日の衝突では、重体だった女性1人が新たに死亡し、死者3人、負傷者612人となった。
[PR]
by djsinx | 2008-10-18 13:23 | News

世界遺産のぶん取り合戦

この寺院は有名なアンコール遺跡郡に継ぐ規模のアンコール朝が建設した寺院遺跡で
今年の7月に世界遺産に登録されたとのことです。申請時からごたごたがあったようですが
タイミング的に「先祖の遺産を取り合う」という火サスみたいな展開になってしまって
いるようです。規模が全然違いますが。

タイ、カンボジア共に現在は観光立国をしている上に、バンコクを基点に両方とも訪れる
観光客も多いはず。この二国間の関係が悪化するのはどちらにとってもいいことだとは
思えないんですがね。。局所的な紛争だけで収まるといいのですが、国境閉鎖だったり
ビザも取れなくなったりすると厄介ですね、一旅行者として。

Excite エキサイト : 国際ニュース

<国境紛争>カンボジア、タイ両軍が銃撃戦、兵士に死傷者
 【バンコク藤田悟】カンボジア・タイ国境にあるヒンズー寺院遺跡「プレアビヒア」近くで15日、両軍の銃撃戦が発生した。カンボジア兵士2人が死亡、6人が負傷し、タイ兵士7人が負傷した。両国は互いに相手側が最初に発砲したと非難し、両国関係は急速に険悪化している。

 銃撃戦が起きたのは寺院から約2.5キロ西の地点で、約1時間にわたって銃やロケット弾を撃ち合った。今月3日にも同じ地点で銃撃戦があり、兵士3人が負傷した。カンボジア軍によると、国境を侵犯したタイ兵士10人を拘束した。タイ側は否定している。

 タイ外務省は、バンコク駐在のカンボジア大使代理を呼び抗議した。ソムポン外相は「用のないタイ国民はカンボジアから出国するよう」呼びかけた。事態がさらに悪化すればカンボジアからタイ国民を緊急避難させるという。

 遺跡付近は国境線が未確定で、両国が領有権を争っている。13日にカンボジア側がタイ兵士の「国境侵犯」を非難して撤退を要求したのに対し、タイ側がこれを拒否し、約80人だった兵員を500人に増強。両軍が国境付近でにらみ合う状態となり、緊張が高まっていた。

 事態悪化の背景には、カンボジア側がタイの内政混乱に乗じて攻勢をかけ、優位に立とうとしたことがある。一方、タイ政府にとってカンボジアとの対立は国民の目を国内問題からそらす材料になることもあり、真っ向から対決姿勢を打ち出した。
[PR]
by djsinx | 2008-10-16 07:59 | News

ありそうな話だったけど初めてですね。

オーストラリアはカンガルーやコアラの印象が強いですが
北部の熱帯に属するエリアではダントツでクロコダイルが人気です。
オーストラリア固有種の淡水ワニ(通称freshy)と世界的に有名な
人食いワニのイリエワニ(通称solty)がいますが、その獰猛さと迫力から
soltyが人気です。クイーンズランドやここ、N.Tを旅する人はオージーも
海外からの旅人も人目クロコダイルを見ようとあちこち動きます。

俺もカカドゥ国立公園では二度ほど見ましたがみんなカメラを持って
大興奮しています。

c0140612_052548.jpg


c0140612_0525849.jpg


c0140612_054164.jpg


もちろんそういう場所には「Crocodile Danger」の看板が必ず
立っているのですが、結構そういう場所で泳いだりする人もいたり
するらしいとも聞いていて、それにしてはワニに食べられたニュースは
全然見なかったので実態はどうなんだろうと思っていたら…。

クックタウンはケアンズの北、ケープヨークにある2WDで辿り着ける
最北の街として有名です。この辺りはマッドクラブという蟹が有名なので
その罠なんでしょうね。こういう罠もDarwinだと一つ10ドルくらいで
キャンプ用品店に山積みで売っています。釣りに行く感覚でみんな結構
仕掛けてるみたいですね。

--以下引用--

クロコダイルの胃から人体、オーストラリア北部で | Excite エキサイト

 [キャンベラ 14日 ロイター] オーストラリア北部の警察が、体長4.3メートルのクロコダイルの胃から見つかった人体の身元を確認するためにDNAテストを行ったと、地元メディアが14日報じた。

 野生生物の当局者によると、クロコダイルはクイーンズランド州北部にある熱帯の町クックタウン近郊で捕獲された。今回人体が見つかったことにより、同クロコダイルを安楽死させるということはないとしている。

 同地域では2週間前、川に仕掛けられていたカニ用のわなの点検に出た62歳の男性が行方不明になっていた。
[PR]
by djsinx | 2008-10-16 00:54 | News

リドスコのSFですか~!

あの二作が名作中の名作だったのでまたいつか彼のSF作品を見てみたいと思って
いましたが、ここに来て実現するとは嬉しい限りです。基本的に彼の映画は
どれもテイストが好きなので外れはないと思いますが四半世紀という年月が
どんな風に画面に現れるのか、期待して見てみたいと思います。

さて、いったいこれを見るのはどこになるのか。その頃には字幕なしで完璧に
映画一本理解できるくらいまでになっているといいのですが。

--以下引用

Excite エキサイト : 芸能ニュース

リドリー・スコット監督が『エイリアン』と『ブレードランナー』以来、26年ぶりにSF映画に挑む。フォックス2000が権利を獲得した、1974年のジョー・ホールドマンのSF小説「終りなき戦い」のメガホンをとる予定だ。

 スコット監督は、前記2作のあとすぐに「終りなき戦い」の映画化に着手する予定だったが、当時は映画化権が獲得できなかった。作品については、「古くなるどころか、より今の時代に合っている内容だと思う。古代ギリシャの叙事詩「オデュッセイア」と『ブレードランナー』を足して2で割ったようなSF作品で、輝かしくも混とんとした世界を描いている」とコメント。宇宙の果てで敵と数カ月間戦っていた兵士が地球に戻ってみると、20年の月日が流れており、見知らぬ土地となってしまったという物語だ。

 「終りなき戦い」は、小説が出版された直後に、特撮の大御所リチャード・エドランドが個人的に 40万ドルを出して映画化権を獲得。エドランドは『レイダース失われた聖櫃<アーク>』での視覚効果賞など2度のオスカーを受賞しているが、この作品で監督デビューするはずだった。

 しかし実現にいたらず、今回再びスコット監督が興味を示すことになった。フォックス2000は現在、脚本家選びを急いでいる。制作はScott Free。ヴィンス・ジェラルディスとラルフ・M・ヴィシナンザが製作総指揮を務める。

 スコット監督作品は『ボディ・オブ・ライズ(原題)』(レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウ共演)が全米公開されたばかり。続いて同じくクロウ主演の“Nottingham”を監督する予定。高級ブランドで有名なグッチ家のいざこざの果てに殺されてしまったマウリツィオ・グッチの実話を描いた “Gucci”や、リチャード・プライス脚本のスリラー“Child 44”も控えている。
[PR]
by djsinx | 2008-10-14 14:31 | News

Berry Springs

1011

長かったRee Point Caravan Parkでの滞在も終了。とりあえず土日の休みを利用してDarwin郊外のBerry Springsへ。ピクニックもできて泳げて気持ちのいい場所らしい。とりあえず温泉ではないという。もちろん暑くなり始めたこの時期、特別温泉である必要はない。

久しぶりに長めのドライブだ。食料を買い込んでHwyを走る。途中の分岐点で曲がり、さらに静かになった道を進む。あっけないほどすぐに現地に到着。結構人が多い。歩いてみるとあちこちでピクニックをしている。BBQやっている人もちらほら。本当に家族やグループで遊びに来る場所らしい。

c0140612_1555660.jpg


この日は時間が遅くなってしまっていたので翌日ゆっくり泳ぐことにして早めに切り上げる。

そしてColinとLouiseに勧められていたCaravan Parkに到着すると、なんとここではワニが飼われている。人を喰わない方のFreshwater crocodileだ。エサやりの時間があって見学することができる。宿泊客が集まってきて子供も大人も盛り上がっていた。

c0140612_1594979.jpg


c0140612_1510236.jpg


喰いっぷりはよくって間近だと結構な迫力。


1012

朝早めに出発してがっつり泳ぐことにする。マスクとシュノーケルがあったので深いところもいい感じ。魚もよく見るといっぱいいる。水は冷たくて暑い日差しの下でとても気持ちがいい。

c0140612_15145689.jpg


c0140612_15142727.jpg


足のつく場所で立っていると小魚が足をつんつん突付いてきたりする。ちょっと痛かったw

翌日からColinとLouiseの家に住むことになっていたので帰りはNightcliffへ。
[PR]
by djsinx | 2008-10-13 15:00 | 旅の記録