<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Mindilの夕日

Marketがない日も仕事の帰りにちょうど夕焼けが見え出すとなんとなくMindilに行ってしまう。いつもここはBackpacker達のバンで賑わっている。Beachに出ると静かだけれど人もちょこちょこいて思い思いに夕焼けの中で時間を過ごしている。そんなSunsetの情景がなんとも心和んだ。

夕日と犬と波打ち際。完璧すぎる。。
c0140612_15202334.jpg


海の上に立っている人
c0140612_15212183.jpg

[PR]
by djsinx | 2008-09-30 15:17 | 旅の記録

見たこともないVW

こんな素敵な古い車が普通に走っているのもDarwinの魅力。

c0140612_1453312.jpg

[PR]
by djsinx | 2008-09-20 14:50 | 旅の記録

Sunset Sushi Party

917

前に一度家に遊びに行っていたColinから夕方にSushi Partyをやるから来ないかと誘われる。ちょうど仕事も3時で終わりだったので自前のSushiを仕込んで夕暮れに間に合うようにNightcliffのColinの家に行く。手早くSushiをRollして一緒に海岸に向かう。

そうしたらそこにはIsotopiaで会った顔も含めて何人もが既に様々な料理とビールを用意して待っていた。

c0140612_14421030.jpg


なんとワニのから揚げというおつまみまで。この後こんがり揚げました
c0140612_1443715.jpg


c0140612_14441041.jpg


美しい夕日を見ながら岸壁で一杯
c0140612_14444582.jpg



みんな本当に毎日を楽しく過ごすことの達人だった。楽しみなんて誰かに与えられるものではない。自分たちで見つけて、作って、味わうものだ。そんな生き様を見せ付けられて、頭では分かっていたつもりのこのシンプルな事実を深く深く実感した。
[PR]
by djsinx | 2008-09-18 14:32 | 旅の記録

Nightcliff Market

914

毎週日曜日の朝から午後2時まで行われるこのMarket、Mindilともまたちょっと雰囲気が違い、こじんまりとしていて場所の雰囲気もとてもいい。集まってくる人も地元の人が多く、ご飯もMindilよりちょこっと安め。Junちゃんがこっちでもストールを出すことになったので来てみたがすぐに好きになった。wifiが入るカフェが目の前にあったりするのもとても便利。管理人のRosもRainbowな香りのする人で、旅人にもとても親切だった。出店料も一店舗20ドルと比較的安い。

c0140612_1427338.jpg



c0140612_14303664.jpg


毎週Liveが行われている。
c0140612_1427471.jpg


子供の遊び場も
c0140612_1428578.jpg


Foodはいつも賑わっている。
c0140612_1430013.jpg

[PR]
by djsinx | 2008-09-15 14:21 | 旅の記録

友達の結婚披露Party

913

Isotopiaで友達になったDJの結婚が決まってその披露Partyに遊びに行ってきた。Botanical Gardenの一角を借り切ってDJブースは作るわ、バレーボールは始まるわ。もちろん飲んで食べては当たり前でした。こういうオープンに皆で楽しむ雰囲気は大好きです。

c0140612_14162244.jpg


c0140612_14172252.jpg


c0140612_14175150.jpg

[PR]
by djsinx | 2008-09-14 14:12 | 旅の記録

レストランでコックの仕事

901

Darwin Festivalも終わり、この街が気に入って他に動く気もなくなっていたため、仕事を探すことにした。いろいろ話を聞いていて新聞広告がいいとかJob Centerでもらえるとかいうことだったので、まず近場のJob Centerに行ってみた。がんばって作った英語のResumeを見た担当者が調理経験が長かったのを見て、これならいけそうねと言ってくれる。そしてPassportが必要だったので車に取りに行って戻ってくると、彼女が興奮気味に、「あなたラッキーよ!Charで人が足りないらしくて面接明日受けれるから3時に行ってみて!」とのこと。どうやらN.Tで一番人気のレストランらしい。すぐそばだったのでちらっと見てみると海の見える公園に面したオープンエアのいい雰囲気のレストラン。古い役所の施設を改造した建物らしい。


902

少しまともな服装をして時間通りに訪ねてみると女性シェフが出てきてResumeを受け取り、軽く目を通して「それじゃあ明日から来れる?」とのこと。余りにもとんとん拍子でびっくりしてしまったが、その場で快諾。Job Centerに報告に行くととても喜んでくれた。「料理も素晴らしいし働いている人たちもみんな素敵なのよ。私もレストランで働くなら絶対Charがいいわよ。」と言ってくれた。久しぶりのコックとしての仕事、とても楽しみだ。
[PR]
by djsinx | 2008-09-03 13:57 | 旅の記録