インドの新興宗教模様

これ、シムラにこの時期にいたって事は間違いなくクンブメーラー帰りですね。サドゥー達も14日の後に結構大変な目にあっている人もいるようなので、今回のこういう動きももしかしたら同じ流れなのかもしれません。

>性的暴行と不正行為、陰謀の容疑

っていうけれど、陰謀ってなんですかw もしかしたらインドの宗教的な動きを牽制しようとする動きが強くなっているのかもしれませんね。。リシュケシュにいるとフルパワーでヒンドゥー教だからあまり気がつかないけれど。

まあ、近代国家としてやっていくために中央集権っぽい動きをしたいのかもしれないけれど、残念ながらヒンドゥー教の力はそんなには弱くはない。そういう動きすらも飲み込まれて最終的にはインドらしいインドに落ち着くことでしょう。もちろんそれでいいと思うし。


しかし、カーマスートラやらタントリックヨガやらエッチな雰囲気はたくさんあるのに、いざやるとなるとこの国はいろいろ制限が多くて大変ですね~。

--以下引用--

インドの警察、性的スキャンダルで宗教指導者を逮捕 | Excite エキサイト

 [バンガロール 22日 ロイター] インドの警察は21日遅く、国内外で政治家や俳優を含む数千人の信奉者を持つヒンズー教の指導者の男(32)を、北部の保養地シムラで逮捕した。

 男は「Dhyanapeetam」と呼ばれる団体を率いていたが、バンガロール郊外にある拠点で2人の女性といるところを収めたビデオが先月にテレビニュースなどで放映され、支持者の怒りを買っていた。

 本人は女性らとの関係を否定し、ビデオはねつ造だと主張している。警察は、男が性的暴行と不正行為、陰謀の容疑で捜査を受けていると明らかにした。

 インドではここ数カ月、売春宿経営や未成年者誘拐などでヒンズー教指導者が逮捕される事件が相次いでいる。
[PR]
by djsinx | 2010-04-23 14:22 | News
<< セカンドハンドという発想 動けば生まれる >>