ネパールで流行するドラッグ

ネパールで一般にドラッグといえば、実にけしからんことに大量の大麻が
出回っていると言われているようですが、地元で流行しているのは
なんと、シンナーでした。もちろんまともな人間は誰もやりません、
あんな危険なものは。

やっているのは基本的にストチル達です。ツーリストエリアの
タメル地区や、その近くのツーリストバスの発着するカンティ・パトと
呼ばれるエリアの路上では、こ汚い服を着て裸足で朝っぱらから
ビニール袋をふうふうしているストチル達のふらっふらな姿を
見ることができます。

そこらの街角や、カトマンドゥ盆地の近隣から集まってきた
恐らく親もはっきりしないような子供達がこの辺に集まり、
金を持ってそうなツーリストにばかみたいな値段で大麻を
売りつけてはその金でシンナーに走っているようです。
見た感じ小学生の低学年くらいから高校生位までいろんな年代が
みんなどろどろに溶けた目で路上に座り込んでいます。

周りの人は誰も止めません。どこの馬の骨か分からないような
ストチルにちょっかいを出して面倒に巻き込まれるのも
嫌でしょうし、この政情不安定なネパールでは余計なものを
背負い込む余裕はないのかもしれません。

シンナー中毒のストチル達は今のような寒い季節の朝方にでも
ひっそり死んでいくんでしょう。もしくは雨季の雨と湿気の中で
病に蝕まれて膿と腫瘍まみれで死んでいくのか。どちらにせよ
焼いても骨も残らないことでしょう。

この文章の結論は何か?正直答えをまだ持たない。

彼らを救うべきなのか、放置しておけばいいのか。どうすれば
彼らを救えるのか、もし彼らを救ったとして彼らを生み出した環境は
いかにして改善されうるのか。美しいヒマラヤとそれを覆い隠す
排気ガス。彼らがこの国の闇の表象の一つであることは
間違いない。
[PR]
by djsinx | 2009-12-12 18:38 | 旅の記録
<< electric pagoda... Sunday Sunset C... >>